「日々の布」つちや織物所

2008年9月19日 金曜日

2008.9.19.金→9.30.火

会期中のお休み9/24(水) 最終日5時まで

使う人の暮らしに合わせて、道具は変化してゆきます。
布も、そうした道具の一つではないでしょうか?
使い込まれて、風合いが良くなった布はなかなか手放せないものです。
絹や木綿、麻等、それぞれが違う味わいを持っています。
つちや織物所では、赤城の節糸や、ガラ紡ぎの糸、麻布の裂き織りなど、
素材にこだわった、質感のある作品を制作しています。
日々使う事で、手触りの違いを楽しんで頂けると嬉しく思います。

裂織りのマット・ティッシュケース・絹の細マフラー等々

島 るり子 うつわ展

2008年9月4日 木曜日

2008.9.4.木→9.15.月(祝)

私の飯椀は島さんの粉引き碗。
今年の夏は焼き締めのビアグラスで、美味しくビールも飲みました。
灰月お客様用の湯のみも、オープンの時に島さんから戴いたもの。
それから9年、すっかり馴染んで、灰月にはなくてはならない器となりました。
お人柄を現すような、手に優しい穏やかな器は、いつも私たちを心地良くさせてくれます。
毎日使うものだからこそ、嬉しいですね。
4回目になります島さんの個展。どうぞ皆様お出掛け下さい。

粉引きの器、焼き締めの器、出品致します。

会期中のお休み 9.10.水

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023