再生紙の見る夢 森友見子

2002年6月28日 金曜日

2002.6.28.fri. ~ 7.7.sun.

小さい頃、泥んこ遊びや粘土細工をよくしたものだ。
ひやっとした感触と、何度でも繰り返し形に出来る
その自由さが良かったのだろう。
森さんの仕事はそんな感覚に似ている。
まだ形のないドロドロの時。
その中にはたくさんの夢が隠れていて、
引き出してくれるのを舞っているかのようだ。
森さんの手によってすくい上げられた形は、
柔らかい表情で夢の続きを語りかけてきれる。

アトリエ・マニス 涼しい夏のアジア服

2002年6月22日 土曜日

2002.6.22.sat. ~ 6.25.tue.

涼しさを呼ぶ麻布や、オーガンジー。
清潔な白いコットン。
贅沢な手仕事の絹絣。
アニスならではのアジア服が出来ました。
仕立てもしっかり、水洗いもできます。

mon Sakata の 夏服 - 麻の布・麻の糸 -

2002年6月1日 土曜日

6.1.fri.-6.10.sun.

東寺で見つけた古い麻の着物に
魅せられた坂田さんは、
その布を再現したいと考えました。
時を経て美しい布を再現する事は
難しいことですが、少しでも近づけたい
と大切につくられました。
今回はオリジナルの麻の布が
スカートやパンツ、シャツになりました。
そして、一点づつ編み上げた夏のニットも。
ヴィヴィットカラーも加わって、
楽しい夏のモン・サカタ。
back

鈴木美砂 作品展

2002.6.1.sat. ~ 6.9.sun.
10:30 ~19:00 水曜定休

文字を書くというのは、瞬間的な作業である。
和紙と墨という単純な構成の中で
一瞬のうちに刻み込まれてゆく。
集約されたエネルギーは、素直に見る者に届く。
文字という概念を越えて、まるで抽象画のようである。

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023