「SUGA 鞄展」菅岡久美子の手仕事

2017年4月19日 水曜日

2017年4月28日(金)→5月7日(日)
11:00〜18:00(金・土のみ19:00迄営業)水曜定休
3日(水)は営業致します

染色からデザイン、縫製までを一人で行い、
丁寧な仕事が美しいSUGAの鞄。
素材は綿でありながら布バッグとは違い、
しっかりとした作りで安心感があります。
使い込むほどにしなやかになり、味わいが出ます。
シルバーやシャンパンゴールドなど、華やかなシーン
でも活躍する色や、大胆なフォルムが美しいバッグや、
ビジネス用としてもちょうど良い大きさの鞄など、
様々なタイプをご紹介致します。
是非、お出かけください。

“muku” new collection 2017 Spring and Summer

2017年4月3日 月曜日

2017年4月8日(土)〜 新規作品先行販売
2017年4月13日(木)〜18日(火) 受注会

柔らかなリトアニアリネンの、日常着ブランドmuku。
今季もゆったりとしたシルエットのおしゃれなアイテムが揃いました。
重ね着や着まわしのきくリネンは、寒暖の激しい春から夏にかけて重宝します。
どうぞ、お出かけくださいませ。

受注会でご注文いただいた商品のお届けは、会期終了後二ヶ月後を予定しております。

スタッフ決まりました!

2017年4月2日 日曜日

お陰様で、新スタッフが決まりました。

新人が仕事に慣れるまでの間、多少のご不便をお掛けすることもあるかもしれませんが、

どうか、暖かく見守って頂けましたら幸いです。

これまで以上に、より良いサービスと空間をご提供出来ますように、努力して参ります。

今後共、どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

有り難うございました。

 

「江間 廣」陶展

2017年3月12日 日曜日

2,017年3月17日(金)→4月2日(日)
11:00〜18:00(金・土のみ19時まで)
水曜定休
「江間 廣」陶展

12mと6mの二つの「半地下式穴窯」で、10日間焼成して作られる器の魅力は、何と言ってもその「土」にあります。
江間さんは、地元の筑北村の「本城土」、上田市の「染屋土」、そして岡山の「備前土」の三種類を焼いています。
1000度以上にもなる炎でダイレクトに焼かれた器は、鮮やかな緋色や灰が掛かるなど、一点一点表情が違い、それぞれの土の特徴が出て、使い込んだ後の変化も個性豊かです。
特に私が大好きな「染屋土」は、鉄分が多く収縮率が高いため、難しいと言われていますが、紫がかった褐色の肌が美しく、使い込むほどに味わい深くなり、私にとっての強い味方です。
焼き締められた土は丈夫で、思ったよりも扱いやすいものです。
和食に限らず、モダンな使い方もできる焼き締めの器を、もっと多くの方に使って頂きたいと思います。
是非お出かけくださいませ。
お待ち致しております。

スタッフ増員のため1名募集します。

2017年3月10日 金曜日

灰月で一緒に働いてくださるスタッフを募集します。

仕事は、接客と販売を中心に、商品管理や雑用など、沢山あります。

週に3日以上、土・日・祝日勤務が可能な方

35歳以上の女性

長く勤めてくださる方

他、ご相談にて

お待ちしております。

 

0263−38−0022

担当 滝澤まで

 

 

 

 

次ページへ »
(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023