平石 裕 アートジュエリー展

2004年12月10日 金曜日

2004.12.10.fri.→12.26.sun.

10:30~19:00 水曜休み

彫刻家である平石さんがジュエリーを作成する事は、
その世界観において変わりはないと思う。
胸元に飾る作品は、そのまま小宇宙へと誘われる。
どうぞ、お手にとってご覧下さい。

作家在廊日 12/10,11

羊と小屋とセーターと。 WOOL SHED

2004年11月19日 金曜日

2004.11.19.fri.→11.28.sun.

10:30~19:00 11/24(水)休み

杉林の細いガタガタ道を抜けると、
手作りの小屋が見え、緑豊かな牧草地では、
羊達がのんびりと草を食べていた。
あるがままの暮らしのなかで、羊たちの毛は、
セーターとなり、マットに織られてゆく。
天然色のまま、風合いを残した作品は
実用と共に、羊毛の不思議も教えてくれます。
ぜひ、手に触れてみてください。

セーター、ベスト、タペストリー、マット。
WOOL SHED/小林寿彦 高橋陽子

吉田素子作品展 – en silence –

2004年11月5日 金曜日

2004.11.5.fri.→11.14.sun.

10:30~19:00 11/10(水)休み

好きなモノに特別な説明はいらない。
お気に入りの一枚に出会えるチャンスも数少ないと思う。
「静かに」と題された今展をとても楽しみにしていました。
皆様にご紹介出来ることをうれしく思います。
ぜひ、お出かけください。

作家在廊日 11/5(金)

真貴志 民子 「墨染めの布」

2004年11月1日 月曜日

2004.11.1.fri.→10.11.sun.

10:30~19:00 9/22(水)休み


貴婦人の銀髪を思わせるような輝く灰白色。
夏の夕暮れ時の青みがかった薄墨色。
そして、深い深い知的な墨色。
それぞれが織りなす美しい陰影を見ていると、
不思議と気持ちが静まります。
墨をすり、糸を染め、織る。
その長い行程の気配が伝わってくるようです。

ずっと憧れていた真貴志さんの作品を
ようやくご紹介することができます。
是非、ご覧ください。

期間中は真貴志さんが在廊されます。
お出かけください。

島 るり子 陶展

2004年10月15日 金曜日

2004.10.15.fri.→10.24.sun.

10:30~19:00 10/20(水)休み

島さんの作品は、とても軽やかである。
和の質感でありながら重たさがなく、
穏やかな形は暮らしの中で心地よい。

自然や日々の出来事に細やかな愛情を注ぐ、
島さんの人柄が伝わってきます。
ぜひお出かけください。

次ページへ »
(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023