「木のうつわ 漆のうつわ」 三谷龍二+PERSONA STUDIO

2004年4月29日 木曜日

2004.4.29.thu.→5.16.sun.

10:30~19:00 定休日5.12.wed

いつも日常という視点から制作を続けている三谷さん、
発表される作品からは、つねにあたたかい眼差しが伝わってきます。
日々の暮らしの中で感じることや美しいモノを
さりげなく形にして教えてくれています、
新作の「白漆」では微妙な色合いと共に、手仕事の息づかいが伝わります。
木の器は使い手とともに時を刻み、 道具として、暮らしの美として
私達に寄り添います。

是非、ご覧下さい。

作家在廊日 4.29・5.1・2・3・4・5

三笘 修 展

2004年4月16日 金曜日

2004.4.16.fri.→4.25.sun.

10:30~19:00 定休日4.21.wed.

一見錆びた鉄板のようなものは、
実は陶で出来た花入れだった。
初めて彼の工房を訪れたときに目にしたものである。
それから不思議な形のモノをたくさん見せて貰った。
花器だったり、小函だったり、オブジェだったり。
なぜか私にはそのどれもが、
野の花に似合いそうに思えて、とても好きになった。

小函を中心に花入れ、オブジェ、また展示会でしか
見られない白の作品を多数出品いたします。
ぜひ、若い感性をご覧ください。

作家在廊日 4/16・17

真砂三千代 展「VOICE OF CLOTH」 2004 Afa 春夏Collection

2004年4月2日 金曜日

2004.4.2.fri.→4.11.sun.

10:30~19:00 定休日4.7.wed.

今年のテーマは「布を聴く」こと。
これまでも布に寄り添うように形を見つけてきたけれど 、
もっと深いところで布と私をコミュニケーション
させたいと強く感じ、
素直な感性を出来るだけそのまま表現することを
試みました。

真砂三千代

透ける布の二枚重ねの上着。
大きめな布で変化を楽しめるパンツやスカート。
カラフルな色合いのブラウス等。

インドの生成りシルク、真木テキスタイルの麻とシルク
ラオスの手紡ぎ手織りの草木染めシルク、
麻は生成り、白、墨染め。

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023