額賀章夫作陶展

2007年9月20日 木曜日

9月20日(木)~9月30日(日) 会期中のお休み26日(水

日々の食卓は気取らないお料理が中心で、
それらをさりげなく引き立ててくれる器があれば
充分なご馳走です。
錆粉引きや黒釉など、落ち着いた表情の額賀さんの器は、
大きさや深さのバランスが良く、何を盛りつけても
母の手料理のようにほっこり美味しそうに見せてくれます。
今回は力強いしのぎの仕事も加わりさらに充実した作品を、
普段使いの器を中心にお届け致します。

お皿、鉢、湯のみ、急須、花入れ等。
20日(木)は額賀さんが来店されます。

吉村和美の色の仕事

2007年9月7日 金曜日

2007.9.7.fri.→9.17.mon. 会期中のお休み 9.12.thu.

はじめて吉村さんの作品に触れた時、
その色の鮮やかな事に驚いたのと同時に、
どこかとても懐かしい想いがしました。
焼き物だけどどこか違う吉村さんの器たち。
目の覚めるような美しいブルーの器は、
沈んだ気持ちを元気にしてくれます。
やさしい線刻の模様は手の中で心地良く、
マットな色合いとともにほっとさせてくれます。
もしかしたらそれは、クレヨンの質感に似ているのかもしれない。と思い出しました。
幼い頃、新しいクレヨンの箱を開けた時の、
あのワクワクする気持ち。
そんな楽しみが吉村さんの器にはあるように思いました。

ボウル・カップ・花入れ・小さなオブジェなど。

7日(金)は吉村さんが来店されます。

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023