冬澤未都彦木口木版画展

2007年10月20日 土曜日

2007.10.20.sat.→10.30.thu.

冬澤さんはかつて、「ガリ版」による本を制作していた。
「ガリグラフィ」と名付けられた作品は、字体やレイアウトはもちろ
ん、製本にまでこだわって作られた、美しい本だった。
その後、長時間の手作業による負担から手を痛めて、ガリ版制作が出来なくなってしまったらしいと聞いた。
以来、気になりながら出会う事のなかった「冬澤未都彦」という名前。
それを十数年経った昨年、一組の木版画とともに再び目にする事になる。
作品は、かつて見たガリ版の面影を残すモノクロの美しい緻密な作品であった。
冬澤さんの仕事場はおびただしい書物に囲まれている。
その中で黙々と細かい線を刻み続ける人は、本を制作していた頃から変わる事なく、
文学を愛し、ユーモアを楽しみ、鋭い観察力とセンスで作品をデザインしてゆく。
カリッと刻まれた線の緊張感とは裏腹に、版画のモチーフがどこか愛らしいのは
作者の人柄によるものであろう。
山形の風土に育まれ、文学や本を愛する純粋な気持ちが、作品全体の美しさを形成していると思う。
今展では、5枚組の木版画や、ガリ版に手彩の作品などを展示します。
どうぞ皆様、是非お出掛けくださいませ。

時:十月二十日 (土)~十月三十日(火)
場所:ギャルリ灰月松本市中央二ー二ー六高美書店二

荒木節子 染帯展

2007年10月6日 土曜日

2007.10.6.sat.→10.16.tue.

細長い白生地に描かれるのは、作り手の記憶の風景。
巾36cm長さ5mという矩形ゆえに、呼び覚まされる感覚があると言う。
陰影を染めながら浮かび上がってくる白い形。
ひたすらに手を動かしながら、遠い記憶が染められていく。

3回目となります荒木さんの染め帯展です。
回を重ねて充実した作品と出会う事は、企画する者として大きな喜びであり、
ご紹介できる事を嬉しく思います。
モダンな帯に仕上がった時の嬉しさ、素敵な体験です。
どうぞ皆様お出掛け下さい。

会期中のお休み 10/10(水)

三苫 修 作品展

2007年10月4日 木曜日

2007.10.4.土→10.13.月・祝

会期中のお休み10/8(水)

3回目になります、三苫修さんの個展です。
過去2回は、オヴジェが中心でしたが、
今回は器を制作して頂きました。
日々の食卓に重宝する、優しい色合いの器です。
新作の「灰緑釉」の作品も、食材が引き立ちそうです。
食事の美味しい季節、器も楽しんでください。
お散歩がてら、どうぞお出掛け下さい、

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023