いよいよ始まります。

2011年5月28日 土曜日

今日は年に一度のクラフトフェア。空模様が気になりますが、いよいよ始まります。市内には昨日から続々とお客様、参加する作り手達が、入って来ています。灰月も朝からたくさんのお客様で賑わいました。この二日間のために多くの方が長い間準備をしてきました。疲れもかなりですが、これからが本番です。

灰月では、いつもの作家の方がこの日の為にたくさんの作品を納品してくださいました。3月の震災以来、工房の片付け等、大変な中、この日に間に合う様に準備して下さいました。本当に有り難いです。ぎりぎり迄仕事して下さり、この松本に居なくても、一緒にフェアを過ごす気持ちです。灰月の大切なパートナーです。本当に有り難うございます。今日は灰月の元スタッフの牧ちゃんが応援に来てくれます。心強いです。体力の続く限り頑張りますので、どうぞ皆様、お出掛け下さい。

今日一日、どうかお天気が持ちますように!

「四月の魚」さんの子供ハンガー。

可愛らしいですね。家のようにも見えます。

嵐の前の・・・

2011年5月25日 水曜日

今日は休日。一昨日の雨と寒さは前日の気温からは考えられないものでした。今日は穏やかな一日となりました。クラフトフェア前に体力をつけておかねばなりませんので、ゆっくり休んで、備えます。嵐の前の静けさとでも言いましょうか、連休からフェア迄は、少しお客様も少なくなり、比較的静かな日が続きます。私たちは当日に備え、いろいろと準備に余念がありません。臨時アルバイトの方を交え、当日の準備に取りかかっています。そんな中、今日は穏やかな休日を過ごしています。山のお散歩途中で摘んだ花を活けてみたり、お洗濯を沢山したり、休みの日にしか出来ない事を、ゆったりしています。午後、バジルの苗を沢山買ってきて、鉢に植えました。来週のお休みはバジルのお料理で楽しみもうと思います。

島るり子さんの「暮らしのうつわ」展

2011年5月18日 水曜日

先週土曜日に始まりました、島さんの展示会。初日はとても沢山のお客様で賑やかでした。野の花が活けられ、素敵な展示となりました。

暮らしの中で良く使われる器は、飯碗や湯のみ等、小さいものが主ですが、私は、島さんは大きいものがとても魅力的だと思うのです。今回も奥の展示室に大鉢が何点か展示してありますが、ろくろの伸びやかな曲線が美しく、ゆったりとした中にも力強さがあり、とても素敵な作品です。小柄な島さんですが、大きな作品程、島さんの人間的な大きさが出ているような気がします。見ているだけで、とても気持ちが晴れ晴れとして、気持ちのよい作品です。皆様も是非、ご覧になってください。

島るり子 『暮らしのうつわ』

2011年5月14日 土曜日

2011.5.14.sat.→5.30.mon.

    島さんには、作品はもちろんの事、温かいお人柄や、
その暮らしぶりに、多くのファンがいらっしゃいます。
私もその一人ですが、ゆったりとして包み込むような器は、
いつも私の料理を助けてくれます。
今回も、粉引きと焼き締めの器の上手な使い方を、
教えて頂きたいと思っています。
どうぞ、皆様も是非お出掛け下さい。

作家在廊日  5/14・28

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023