「ワラの篭」加藤由美子 作品展

2011年11月25日 金曜日

2011.11.25.fri.→12.5.mon.

古来より暮らしの中で様々に使われてきた篭は、
現在は外来のものが多くなりました。
加藤さんは、ご自身が住む戸隠のワラ、シナの木の繊維、
麻などで篭を編んでいます。
ワラをなう事や、シナの木から繊維を取り出したりと、
手間のかかる作業の連続です。
簡単に安価なものが手に入る時代の中で、
それは素朴で、優しく、力強く、忘れたくない日本の篭です。

市岡 泰 作品 展

2011年11月11日 金曜日

2011.11.11.fri.→11.20.sun.

石の彫刻のような器は、乾いた質感でモダン。
大胆な絵皿は、古風な温もりを感じさせます。
どちらも、どこか異国の香りがします。
実用品であるけれど、そのままオヴジェにもなる
オシャレな作品です。
どうぞ是非お出かけください。

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023