雪景色2

2012年1月20日 金曜日

今日は松本も朝から雪が降り積もり、真っ白な静かな時間が続いています。お客様もなく、じっくりと溜まった仕事を片付けるべく机に向かっているのですが、どうも気がそぞろ・・・・

灰月の大きなガラス窓に、大粒の雪がゆらゆら、ふわふわ、落ちてくるのが見えています。音もなく漂うように落ちてくる雪を、つい眺めてしまい、いつの間にか時間が経っています。こんな日は、温かいこたつに入って、本でも読んでいるのが一番いいですね。

本と言えば、最近あまり読んでいないな〜。テレビもほとんど見ないし、雑誌も見ないので、とんと世の中の事に疎くなってしまっています。 でも支障なく暮らしているので、必要な情報じゃないって事でいいのかな。たくさんの情報よりも、降り注ぐ雪を見ている方が奇麗で好きですね〜。

 

 

ラヂオ出演

2012年1月10日 火曜日

9日の月曜日、FM東京の生放送中、電話で出演?させて頂きました。旺文社の「ことりっぷ」という旅行誌が提供するコーナーで、「冬の松本・安曇野」を紹介するもの。番組中によくある『ギャラリー灰月の滝澤さんとお電話が繋がっています〜』っていうやつです。5分くらいのインタビューですが、前もって質問等も用意して頂いたにも関わらず、本番はドキドキで、自分で何を喋っているのやら????・・・・・ああ、穴があったら入りたいというのはこれか、と誰も知らないし、長野では受信できない放送なんですが、自分自身が嫌になってしまいました。トホホです・・・

娘にそんなに気にしなくても、と慰められつつ仕事再開。

昼食後、何故か具合が悪くなり、どうも横になった方が良い状態・・・お客様には申し訳ありませんでしたが、3時で閉店させて頂きました。

一年に数回、疲れてくると急性胃腸炎を起こします。今回はそれほどひどくはなかったものの、どうも1月は毎年調子を崩してしまいます。寒さのせいなのか、お正月の暴飲暴食?のせいなのか・・・たまに長くお休みするといけないのかな?と思ったり。まさかラジオ出演の自己嫌悪が原因ではあるまいに・・・・

冗談はさておき、FM東京の城田さま、パーソナリティーの望月さま、良い経験と、お店の宣伝をさせて頂き、本当に有り難うございました。

それから、皆様もどうぞお身体大切に。これから寒さ一段と厳しくなりますので、くれぐれもお大事にして下さい。

 

 

写真は、晴れた日のアルプス。良く晴れた日は気温が低くて寒ーいんです!

松本あめ市

8、9日の二日間、「松本あめ市」が開かれました。毎年行われているお正月の風物詩で、起源は今から430年前。今川軍から兵糧攻めに合い塩を止められた武田軍に、敵である上杉軍が塩を送った故事に因んだものです。「敵に塩を送る」という言葉はここから始まったそうです。江戸時代に「塩市」が転じて「あめ市」になりました。

朝から灰月の前の通りは歩行者天国で、自衛隊のパレードや、神輿等が出て、歩道には飴やだるまを売る屋台や、お祭りにつきものの食べ物の屋台がたくさん並びました。いったい何処にこんなにたくさんの人が居たのかと思う程、大勢の人で賑わっていました。

あめ市の最大イベントは、武田と上杉に別れて行う綱引きです。お店の窓からその様子がよく見えるので、毎年眺めているのですが、今年はつい見逃してしまい、勝敗が解りませんでした。この綱引きが終わり、あめ市はお開きになります。

今年も変わらずに、賑やかなうちにお正月の行事が終わった事にほっとしています。これでしばらくは静かな冬の街になります。春迄まだまだ長いですね。

 

雪景色

2012年1月6日 金曜日

私が暮らす山の家は、年末から雪が10センチ程積もっています。松本市内はほとんど雪が降らず、降っても積もる事は滅多に有りませんが、家の周囲はクリスマスからずっと、真っ白です。

今年始めてたくさんの実をつけた柿の木に、雪が積もりました。大きな柿に白い帽子を被せたみたいです。可愛らしくて写真に撮りました。

家の周辺は柿の木が多く、秋も終わりになると葉が落ちて鈴なりに実だけが残ります。枯れ野の中に赤々と、まるでそこだけ光が当たっているかのように浮かび上がります。私はその光景が大好きです。

何故かほっと安心するのと、宝石のようだな〜と思って見ています。曲がりくねった山道の、見上げた先に真っ赤な柿の実。とても奇麗です。

まさに「枯れ野の宝石」。山の柿の木は背が高くて、実を取ろうにも手が届きません!

 

 

 

明けましておめでとうございます。

新しい年になりました。しかし今年のお正月はどういう訳か、ちっともお正月らしく感じません。年末からバタバタしているうち、お正月の準備ができないまま、いつの間にか年が明けていました。なんだか寂しい感じでした・・・いつも忙しがって大掃除を怠ける言い訳に「昨日が今日に変わるだけ」なんて言っていましたが、本当にそんな感じでした。もう少しお正月らしさを味わいたかったな・・・・

でも、元旦にゆっくりおせちを作り、お雑煮を食べ、酒を呑み、要するに食っちゃ寝していたのですが。

毎年、年末年始のお休みをどうするかとても悩みますが、結局30日から4日迄、お休みしてしまいます。堂々と休めて、娘ともゆっくり過ごせるのがこの時くらいですから、皆様どうぞお許し下さい。

そして昨年、張り切って始めたこのブログ、途中でくじけてしまい、申し訳有りませんでした。反省していますーーーーーー今年こそは、頑張って続けて書きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

皆様にとって幸多き一年でありますように。

 

 

写真は、関西風白みそのお雑煮。

 

次ページへ »
(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023