我が家のエンジェル

2012年7月24日 火曜日

黒い天使に段ボールの羽を付けてみました。娘の傑作です。とぼけた顔がいつも私達を癒してくれています。寂しがりやで甘えん坊で、寒がりで暑がり。歳を取って、最近はいつも寝てばかりいます。白内障で、あまり見えないみたい。でも長生きしてね。

 

 

冷房病

毎年6月になると、必ずと言っていい程、体調を崩します。それは「冷房」のせい。だと思う。少しずつ気温が高くなり、日差しの強い松本を歩いて来られるお客様にとっては、お店が涼しい事でほっとされる事でしょう。省エネしなければならない時代とは言え、やはりショップとしては、遠くからご来店下さる皆様に、すこしでもホッとしていただきたい。だがしかし。私は冷房が苦手。というよりも必ず体調を崩してしまうので、お客様がいない時は付けたくないのが本音です。一日冷房の中にいると、店が終わる頃にはもうぐったり。鉛の身体です。いろいろと対策はしているものの、毎日の事ですから日に日に衰えて来ます。そんな訳で、冷房を付け始める6月には毎年すこぶる体調不良。なるべく冷房は付けずに、お客様が入店されてから慌てて急冷。それもいけないのかなと思いつつ・・・歳のせいか、年々疲れ方がひどくなって来ました。どうにかならないものでしょうかねぇ・・・熱中症になってもいけませんから必要ですが、高めの室温設定でいきたいと思います。

皆様にはご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

新しい展示台

今日、奥の展示室に新しい展示台が届きました。古い板を使った、どっしりとした細長い台です。枯れた板の風合いがとても気に入っています。両端の脚は華奢な感じですが、中央に大きな車輪が二つ。これは私一人でも簡単に動かせるように、作者が工夫してくれたものです。板がとても重くて、一人ではとても動かせません。この車輪があれば女の細腕でも大丈夫、なはず。車輪は高さを調節出来るようになっているのです。優れものでしょ。車輪だけ、赤く塗ってみました。なかなかいい感じです。
灰月オープン以来、いろいろな展示台を作ってきましたが、私が日曜大工で作った展示台は、評判は良かったものの、やはり素人の作。どこか抜けていて頼りないものでした。寸法間違いがあっても無理矢理作っていたので、耐久性はないし、地震にも弱かった・・・長い間、ずっと悩みの種だった展示台。ようやくまともになりました。素敵な展示台を作って下さった作者に心から感謝、感謝です。
これから、この台にたくさんの素敵なモノを並べてゆきます。皆様もどうぞお楽しみに。是非ご覧になってくださいね。

 

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023