津田清和 硝子展

2013年11月29日 金曜日

灯りに照らされて、美しい影を落としているガラス達。津田さんのガラスは、表情が豊かです。日々使いたいコップや小鉢などは温かみがあり、季節を問わずに使えます。アルミや木、ガラスの蓋付きの入れ物は、様々なサイズがあって、何を入れようか迷いながらも、思わず欲しくなる作品です。

また、黒いガラスの花入れは、金属か陶器のような、不思議な質感です。モダンな花が似合う、素敵なオブジェです。金属を焼き付けた蓋物も、一見するとガラスとはわかりません。時を経たもののように感じさせます。

それぞれが、程よいバランスで佇み、使い手を待っているかのようです。

クリスマス用に、きれいな色の「BLOCKS」を製作して下さいました。贈りものにいかがでしょう?

今回は少し長めの、12月26日迄の会期です。どうぞ皆様、お出掛け下さい。

 

DSC_0040

 

 

DSC_0046

 

 

DSC_0043

 

 

DSC_0053

 

 

DSC_0041

 

 

 

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023