内藤美弥子陶展

2014年5月17日 土曜日

久しぶりの内藤さんの個展です。階段のオブジェが整然と並びました。

建築物のような形は、小さいながらも一つの塊りとしての存在感を感じさせます。

それは実際に持ってみると磁器の塊りで、重みがあります。

醸し出す気配は、それが塊りであるが故の存在感だと実感出来ます。

DSC_0014

 

DSC_0018

「NAOTの靴」

2014年5月13日 火曜日

イスラエルの手作りの靴 NAOT

NAOTの靴

NAOT(ナオト)は1942年から続く、イスラエルの靴職人の集まりです。
ヘブライ語で「オアシス」を意味するNAOTは、人間工学に基づき、
歩きやすさを徹底的に求めた靴を、一足一足丁寧に手作りしています。
NAOTの靴は、砂の上を歩くような心地良いインソールを持っており、
まるで砂漠の中の「オアシス」のような快適な履き心地です。
イスラエルという国は、ほぼ一年中太陽に恵まれているため、
サンダルの季節はおよそ10ヶ月にもなります。
NAOTが健康を第一に考えたサボやサンダル作りに専念してきたのには、
このような背景がありました。

初めてNAOTの靴を履いたときの、ピタッと足の裏に吸い付くようなフィット感が忘れられません。
足首に痛みを持つ私が、この軽さと履き心地の良さに魅力を感じたのは、当然のことでした。
灰月のお客様で、もうすでにNAOTファンの方も多いと思いますが、
三日間の展示です。どうぞこの機会をお見逃しなく。

灰月 店主

NAOTの靴

NAOTの靴は、サボやサンダルの他にも、年間を通して穿いて頂ける靴がたくさんあります。
ちょっとあらたまったシーンにも穿いていける靴もあります。
今回も新色を加え、たくさんのカラーとサイズを揃えて、皆様をお待ちしております。
是非、この機会にお試し下さいませ。

詳しくはこちら:naot.jp

2014年5月23日(金)13:00 OPEN
24日(土)10:00〜19:00
25日(日)10:00〜17:30
会場:高美屋文庫(灰月階下のギャラリー)

「muku」 Linen clothing made in Lithuania

2014年5月17日(土)→6月1日(日)
11:00-18:00 ※火・水 定休日

muku

昨秋、好評だったリネンのワンピース。リトアニアの若きデザイナーの感性は、
日本の私たちにどこか懐かしさを感じさせてくれました。
普遍性のある美しさは、国を超えて、私たちの心に響きます。
今年も夏に向けて、素敵なワンピースやパンツ、ブラウスが届きます。
皆様是非、お出掛け下さいませ。

muku リトアニアに住むアーティスト夫婦、ドーヴィレとミンドウガスがつくる日常着のブランド。
暮らしの道具としての衣服を提案している。リトアニア製のリネンを主に使い、子供服からはじめ、レディース、ホームラインを展開中。

「内藤美弥子陶展」〜ものと空間のあいだの気配〜

 

2014年5月17日(土)→6月1日(日)
5/24(土)・25(日)のクラフトフェア期間中は10:00〜19:00まで営業致します。

内藤美弥子陶展磁器土の塊りを作り、その中から形を削りだしていく方法で製作されています。
寡作ながら、常に一貫した世界観を持ち、じっくりと追求する姿勢には、
いつも気付かされる事が多く、勉強になります。
小さな作品が醸し出す気配を感じて頂ければ幸いです。

 

mukuー春夏の服

2014年5月12日 月曜日

17日土曜日から、リトアニアのデザイナーの服「muku」の展示が始まります。

昨年、大変ご好評を頂き、人気の高かったワンピースを中心に、サルエル風パンツや夏のジャケット等、

これからの季節に着たい新作が届きます。

締め付けないゆったりとした着心地と、だらしなくならないオシャレなデザインが、

夏には嬉しいですね。

どうぞ是非、お出掛け下さいませ。

 

イメージ イメージ 1 イメージ 2

 

 

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023