「沖 康史」作品展

2017年10月23日 月曜日

2017年11月2日(木)→11月12日(日)
11:00〜18:00(金・土のみ19:00迄)水曜定休

10/31(火)・11/1(水)は展示入れ替えのため連休となります

穴窯で焼成された信楽の土は、しっかりと焼き締まり丈夫です。
素地が粗く、石粒も多いので敬遠されがちですが、日常の器として日々使って頂きたいものです。
使うことで、柔らかな肌となり良い風合いに育ちます。
沖さんの器は、ふくよかな造形と情の深さが魅力です。
食材の色を引き立て、普段の何気ない惣菜に華やぎを添え、素敵な一品に変えてくれます。
豊富な経験と高野山麓での自然との暮らしから伝わる、土と火が持つ力強さと、造形の豊かさを楽しんで頂ける器です。
是非、お手に触れて頂きたく、ご案内申し上げます。

 

目片千恵 静けさを楽しむ

2017年10月10日 火曜日

2017年10月20日(金)→10月30日(月)
11:00〜18:00(金・土のみ19:00迄)水曜定休

10/19(木)・10/31(火)は展示入れ替えのためお休み致します。

目片千恵 静けさを楽しむ

夏のガラスが明るい陽ざしの中で輝く「動」であるとしたら、反して冬のガラスは無口な存在を楽しむ「静」であろうと感じています。
目片さんの作品は、滑らかな曲線のフォルムに施された「削り」の肌が魅力です。
冬の落ち着いた陽ざしや暖かな灯りを柔らかく透し、静かで美しい佇まいです。
手に納めると、優しい柔らかさが伝わります
涼を求めるガラスではなく、眼と手で愛でる、静けさを楽しんで頂きたいガラスです。
是非、お手に触れて頂きたく、ご案内申し上げます。

(c) 2017 ぎゃるり灰月 | 松本市中央2-2-6高美書店2F TEL 0263-38-0022 FAX 0263-38-0023